コピー機を買う時とレンタルした時の価格の差の例

今ではオフィスに必須のOA機器であるコピー機は、購入以外にも様々な方法でオフィスに導入が可能になってきています。最近では購入するのではなくリースやレンタルで対応する方がお得であるという場合が多く、それぞれのメリットに注目したサービスが多く提供されるようになってきました。
その中でも近年注目を集めているのがレンタルという選択肢です。レンタルは割高になるというイメージを持っている人は少なくありませんが、自際のところメリットが大きい選択肢の一つとなっています。どのような機種をレンタルするのかによっても料金体系が異なりますが、モノクロのコピー機などを比較的長期間レンタルする場合などには1万円を大幅に切る価格でレンタルできるのが一般的となっています。

コピー機の購入とレンタルの違い

コピー機を導入する際に購入するという選択肢を考えるのは決しておかしなことではありませんが、現実問題としてあまりメリットのある選択肢ではありません。コピー機は機種によっても異なりますが、新品を購入するとなれば数十万円の一時金を覚悟しなければならず、非常に負担が大きいのです。
一方レンタルの場合には所有権こそ持つことはできませんが、毎月の支払いをすることで購入したのと変わらない利便性を得ることが出来ます。しかも消耗品であるトナーや故障時のメンテナンスを含むトータルサポートが利用できる仕組みが通常料金の中に含まれている場合が多く、レンタル契約での運用の方がメリットが大きくなる場合もあるのです。コピー機のニーズを正確に把握しておくことにより、お得なレンタル契約を選択することが出来るのです。

購入、リースよりもレンタルがお勧めできる場合

近年ではコピー機のレンタルという選択肢が注目を集めるようになっています。長期的な利用を考えているのであればリースという方法でオフィスにふさわしい機種を導入するという方法が最も適切であると言えますが、比較的短期の運用で十分であるという場合にはレンタルという選択肢を検討した方が良いケースが少なくありません。
リースは途中で契約解除は困難ですが、レンタルであれば契約終了は不可能ではありません。概ね一年以内の短い期間での運用であればリースよりもレンタルの方が大きなメリットがあると言えます。月額料金が高めに見える場合もありますが、故障時のメンテナンス保障などしっかりとしたサポートが含まれている場合には決して高いものであるとは言えません。万が一の対応が可能な契約であれば大きなメリットがあります。